オールドレンズにボディ内手ぶれ補正機能を搭載したデジタルカメラを買った方がベター。

オールドレンズにボディ内手ぶれ補正機能を搭載したデジタルカメラを買った方がベター。

こんにちは・こんばんは。ShoZaoです。
この頃、フィルム時代で活躍した交換レンズ『オールドレンズ』をマウントアダプターを使って、ミラーレス一眼 , デジタル一眼レフ , デジタル一眼カメラで撮影を楽しむユーザーが増えたのではないだろうか。
私が現在使用しているミラーレス一眼カメラの時、マウントアダプターを使用し、Canon EFレンズで撮影を楽しんでいました。
しかし、この時に一番後悔したのが撮影した後に気付く『手ぶれ』。
手ぶれを量産すると、失敗画像をたくさん作り上げてしまって、一生懸命、撮影を集中したのに、まともな写真を撮ることができなかった『写真のしくじり』を経験するかと思います。

今日はそんな辛い経験をしたくない方々に向けて、私がちょっとしたアドバイスをしたいなと存じます。

 

カメラボディは『センサーシフト方式手ぶれ補正』に限る。

カメラ初心者の大半が『Canon』『Nikon』へ行ってしまうことが多い。
しかし、Canon , Nikonに行ってしまい、思うような作品に出会えないことがよく耳にする。
Canon , Nikon , Panasonic , SONY(一部の機種) , FUJIFILMの大半に『光学式手ぶれ補正』を搭載している。
光学式手ぶれ補正というのは、手ぶれ補正をイメージセンサー(⇒撮像素子)を動かして、手ぶれを抑えるのではなく、レンズで行うのが『光学式手ぶれ補正』というものです。
ただ、光学式手ぶれ補正が搭載しているカメラを買ってしまうと、そのカメラを武器にするまで時間と周辺機器の購入コストがかかってしまい、正直、カメラ初心者に『光学式手ぶれ補正』が搭載しているカメラを買うのは、実質、オススメできないです。
とすると、消去法で残るのが『センサーシフト方式手ぶれ補正』。
いわいる『ボディ内手ぶれ補正』というものです。
センサーシフト方式手ぶれ補正を採用しているカメラを多く採用しているメーカーが、
PENTAX , OLYMPUS , SONY , Panasonic(一部の機種)となっております。
将来的には、Nikon , Canon , FUJIFILMもセンサーシフト方式手ぶれ補正を搭載したカメラの台数を増やしていくと思われます。

 

 



 

オールドレンズの種類

オールドレンズは昔のマウント機構を採用しているものが基本であり、MF(⇒ マニュアル・フォーカス) で手ぶれ補正機能そのものがありません。
オールドレンズの種類としては、以下の通りがメジャーです。

・Nikon 【 Nikkor(ニッコール)がよく知られているレンズ 】
・Canon
・OLYMPUS
・Pentax
・Contax【 Carl Zeissのレンズを採用し、いくつかの名玉レンズを輩出。 】
・MINOLTA【 緑のロッコール(Rokkor)で知られるレンズ 】
・COSINA
・Lica
・FUJIFILM

仮に私が挑むオールドレンズであれば、Contax , MINOLTA , Nikon の3社の中から挑戦するのが無難っぽいです。

 

 

 

 

本気でカメラを楽しむのであれば、まず、センサーシフト方式手ぶれ補正を採用しているカメラを!

カメラに詳しい方々からオススメを聞くと、迷わずNikon , Canonを推すことが大半かと思います。
しかし、そこには思わず落とし穴に落ちてしまうことになります。
そうならないためには、まず、センサーシフト方式手ぶれ補正を採用しているカメラを優先的に選んだ方が無難でベターです。

特にこの辺のメーカーから選ぶことにしときましょう。

・Pentax ⇒ センサーシフト方式手ぶれ補正を採用しているカメラが多く、極めて安価で入手することが可能。
しかし、オールドレンズを装着するマウントアダプターの種類がそこまで多くないです。

・OLYMPUS ⇒ マイクロフォーサーズの撮像素子を採用しているカメラメーカー。
センサーシフト方式手ぶれ補正を採用しているカメラが多く、小さいながら、フィルム時代を思い出すデザインがポイント。
マウントアダプターの種類が多いものの、カメラの設定画面を慣れるには時間がかかるのが弱点。

・SONY ⇒ ミラーレス一眼でセンサーシフト方式手ぶれ補正を採用しているカメラが中古で購入できるモデルが多数あります。
フルサイズ ミラーレス機もあり、フルサイズ ミラーレス一眼から始めて、オールドレンズに挑むのであれば、迷わずここへ行くのがベターです。

 



 

 

カメラ選びは、カメラ専門店へ行くことがお勧め。

最新のカメラを多く取りそろえるお店っていうのは、迷わず家電量販店を示すことが多いだろう。
しかし、家電量販店の販売員の知識はそこまで詳しくないことが大半。
純粋にカメラを本気で買うのであれば、ヨドバシカメラに行くことがオススメ。
近くにヨドバシカメラがないのであれば、市中心部の商店街にあるカメラ専門店へ行き、店員や店主などに詳しく話を聞いてもらい、自分が選ぶカメラを消去法で選択。
本気で買うことになれば、家電量販店で買うなりして、自分が希望したカメラを探して購入した方が良いです。

 

 

 

 

カメラの世界が奥深いけども、思わぬ落とし穴に要注意。

勢いあまって、カメラの世界に飛び込んでも、失敗したり、しくじったりすることもよくあります。
なおかつ、趣味に投資する金額も高いことで知られていますし、思わぬ落とし穴を直面することがあります。
一人で抱え込まず、すぐに専門の方に相談することが、カメラの世界で生き抜くことで大事なことです。
とりあえず、チャレンジしてその後どうなるかが分からないけども、何とかなります!

 

 

 

まとめ

今回は『オールドレンズにボディ内手ぶれ補正機能を搭載したデジタルカメラを買った方がベター。』について話して参りました。
カメラを使った楽しみ方が多様化する中、それに対する知識の増大で人間はどうしてもついていかないことがあります。
私もそうです。
そう感じるのは、当然のことです。
でも、純粋にカメラを楽しめば、知識や経験があとから自然に入ります。
焦らず、自分のペースでカメラの世界を思う存分、楽しみましょう!( *• ̀ω•́ )b

 



カメラカテゴリの最新記事

Scroll Up