NTT docomo 新プラン『#ギガホ』『#ギガライト』をリリース! 結論上、どの大手携帯キャリアで運用すればいいの? #nttdocomo

NTT docomo 新プラン『#ギガホ』『#ギガライト』をリリース! 結論上、どの大手携帯キャリアで運用すればいいの?   #nttdocomo

こんばんは。
2019年4月15日、通信大手のNTT docomoが2019年6月1日からスタートする新プラン『ギガホ』『ギガライト』の2種類が登場されました。
編集長の私は、長らく、NTT docomoユーザーとして、7年半近く使い続けていましたが、流石に毎月の支払いが高く、正直、他の携帯キャリアにMNP(ナンバー・ポータビリティー)をしようと検討していたところでの発表で心が揺らいでしまいました。

今回、そんなNTT docomoの新プラン『ギガホ』『ギガライト』の2種類をざっくり見ていくと同時に現行プランで大きく勝負に出ている、au by KDDI , Softbank , Y!Mobileのプランも比較しながら、どのキャリアがコストパフォーマンス面で優秀かどうかをご紹介しようと存じます。

NTT docomo 新プラン『ギガホ』『ギガライト』

2019年4月15日に発表され、2019年6月1日からスタートするNTT docomo 新プラン『ギガホ』『ギガライト』。
はっきり申し上げると、ソフトバンクの『ウルトラギガモンスタープラス』『ミニモンスター』と何も変わりがありません。
しかし、ソフトバンクの料金プランで設定されている一月分の容量に差があります。

NTT docomo 新プラン『ギガホ』の一月分の容量が30GBで容量が一杯になれば、1Mbpsの速度制限がかかり、月額6980円+税となります。

それに対してソフトバンクの『ウルトラギガモンスタープラス』の一月分の容量が50GBで容量が一杯になれば、128kbpsの速度制限がかかり、月額5980円+税となります。

そうしてみれば、1GBあたりの月額料金がソフトバンクの『ウルトラギガモンスタープラス』で契約すれば、コスパ最強です。
ただ、今回のNTT docomoの新プラン『ギガホ』の通信制限が1Mbpsで月末まで維持するのは、とても有り難いことではないかと拙サイトでは、そう分析しています。

実質、3大キャリアの中で一番コスパ最強なのは、ソフトバンクが優勢・・・?

今回、NTT docomo 新プラン『ギガホ』『ギガライト』は、ソフトバンクと対等に戦うには、もっと一月分の容量を増やさないといけないのではないでしょうか。
編集長の私の本音としては、一月分の容量を30GBではなく、40GBで月額5980円ならば、NTT docomoに居座っても文句はいいません。
しかし、今回の新プランでNTT docomoから他の携帯キャリアに乗り換えても良いのではないでしょうか。

結論 コスパ最強携帯キャリアは『ソフトバンク』の『ウルトラギガモンスタープラス』が優勢勝ち

よくよく考えたら、ソフトバンクの強気の通信プランは1GB辺りの容量が最強で安く、非常に魅力あふれます。
特に大都市圏で住まれている方は、ソフトバンクにしとけば、全く問題ありません。
しかし、ソフトバンクの弱いところとして、地方の通信速度が時間帯によって変化されがちであることです。
それをソフトバンクの企業努力で克服すれば、NTT docomoからの流入者の更なる増加に転じるのではないかと思います。

まとめ

2019年4月15日 NTT docomoから発表された新プラン、ギガホ , ギガライト。
ギガホの通信制限が1Mbpsに変化したぐらいで終わってしまい、非常に面白みが少なくなったのは、ドコモユーザーとして、ガッカリしてしまいましたが、もっとユーザーライクの価格設定すれば、納得して維持するのですけども、このままではソフトバンクに乗り換えたい気分です…..。
しかし、NTT docomoが来たら、au by KDDI( au )も新プランを打ち出して、対抗してくる可能性大ため、auの新プランも要チェックしてみようかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました! ( *• ̀ω•́ )b

記事のシェア、お願いします!

スマホカテゴリの最新記事

Scroll Up