高級コンデジ ミラーレス。 どっちのカメラを買えばいいの?【#カメラ】

高級コンデジ ミラーレス。 どっちのカメラを買えばいいの?【#カメラ】
こんばんは。
クリスマス商戦に年末商戦。
この時期に買い替えや新規で購入される方々が大勢いらっしゃるかと思います。
今回は小さいながら、高額コンデジとして言われている小型カメラ『高級コンデジ』と従来のデジタル一眼レフを小型 , 最軽量に仕上げたカメラ『ミラーレス一眼』をどっちのカメラを購入すればいいのかを教えていきたいなと存じます。
 
 

小型で高級路線を歩む高額コンパクトカメラ『高級コンデジ』

コンパクトカメラでありながら、5万円~10万円台に売り出している『高級コンデジ』。
この部類に売られているコンパクトカメラの撮像素子がかなり大型のものを採用しています。
基本的にコンパクトカメラと高級コンデジを比較する上で一番優位に立つのが、高級コンデジとなります。
 
撮像素子というのは、昔で言うフィルムを受ける部分を指します。
 
高級コンデジの基本的な撮像素子は、『1型 , マイクロフォーサーズ , 1.5型 , APS-C , フルサイズ』が多いです。
高級コンデジで1型の撮像素子を搭載しているカメラメーカーは、Canon , SONY , Panasonic の3社が多く発売されており、それより大きい撮像素子である『マイクロフォーサーズ』を搭載している高級コンデジを販売しているカメラメーカーは、Panasonicしかございません。
マイクロフォーサーズの次に大きい『1.5型』をCanonのみ。 『APS-C』は、Canonのほかに、RICOH , SIGMAが販売されています。最後の『フルサイズ』は、SONY単独となります。
 
 

軽量重視でレンズ交換できるカメラ『ミラーレス一眼』

ミラーレス一眼はとにかく軽量。
軽量でありながら、レンズ交換ができるのが売り文句。
多くのカメラメーカーがこのジャンルのカメラを多く発売されています。
特にミラーレス一眼で一際目立つカメラとなれば、PENTAXから発売されている世界最小ミラーレス一眼『PENTAX Q-S1』。
撮像素子が『1/1.7型』と小さな撮像素子であれながら、レンズ交換を楽しむ要素を取り入れつつ、『撮る楽しみ』を演出しているカメラボディが特徴です。
これを所持しているカメラユーザーが少なく、もし小さくて、小型のミラーレス一眼を使ってみたい方にはおすすめの一台です。
他に変わったミラーレス一眼といえば、Nikonから発売されているミラーレス一眼『Nikon 1 Jシリーズ』です。
このシリーズの特徴は、レンズ交換できて、マウントアダプターをかえせば、Nikonの豊富なレンズを使えてしまう面白さが売りです。
残念ながら、新規販売がなく、現在はフルサイズミラーレス一眼が新しいNikonのミラーレス一眼として売り始めています。
 
 

旅行重視で使うのであれば….?

編集長の私は必ず、デジタル一眼を持ち歩くことが多いです。
しかしこんな方はごく一部だと思います。
ミニマムでなるべく高画質に撮影し、ブログやSNSにアップし、日頃の一枚として残したい。
そんなカメラが欲しいのであれば、高級コンデジを買うことを強くお勧めします。
特にコスパ最強の高級コンデジとなれば、Panasonic DMC-LX9 , SONY DSC-RX100M6 , Canon G1X MarkⅢの3機となります。
8~12万円台となかなか買うには手を伸ばしにくいですけども、買って損はなく、セルフィーや動画撮影に向いているのもがあったり、DSC-RX100M6には『S-Log』という動画でのRAW撮影ができるものもあります。
そこまで高いものを求めないのであれば、中古市場に転がっている『DMC-TX1』もなかなか面白く、編集長の私は、2017年9月より導入しています。
この子の使用感レビューは、まとまり次第、アップしようかなと存じます。
 

ガチ撮影重視で使用するのであれば…?

飛行機や鳥。鉄道などの動く被写体や歴史ロマンがあふれる建造物を被写体に撮影するのであれば、間違いなく、ミラーレス一眼が優位に立ちます。
理由はともかく、レンズ交換による高度の撮影。
天体撮影の多くは、APS-Cのミラーレス一眼ではないと厳しいですし、ISO感度が非常に高いカメラを搭載しているものが多いのは、ミラーレス一眼が断トツです。
写真の風景を交えながら、作品として作り上げたい。
RAW撮影による映像作品を作りたい。
そんなカメラユーザーには、迷うことなく、ミラーレス一眼へ行くことが無難です。
特に個人的にお勧めするミラーレス一眼は、OLYMPUSのフラッグシップ機『OM-D EM-1 MarkⅡ』。
安定したカメラグリップにダブルSDカードスロットを搭載。
手ブレを抑える、ボディ内手ぶれ補正を搭載するガチ仕様のミラーレス一眼です。
フルサイズ機だとすれば、SONY α7Ⅲ , SONY α7SⅡの2機種。
この辺りのフルサイズミラーレス一眼は、SONYが断トツ的に優位なものが出揃っており、最近、CanonやNikonの次に大きくカメラシェアを伸ばしています。
 

高級コンデジは新品。 ミラーレス一眼は中古が狙い目。

購入する際にお勧めの選び方をご紹介します。
これは編集長の私が実際にやっていることなんですが、とにかく、高級コンデジが新品が狙い目。
ミラーレス一眼は中古が狙い目となります。
新品の高級コンデジを安く手に入れたいのであれば、価格ドットコムで欲しい高級コンデジを検索にかけて、定価より最安値のところを探すのがベターです。
 
ミラーレス一眼は、ヤフオクで中古品を探すのは至難の業です。
探す月日がかかるだけなので、新品や中古品を出しているカメラ専門店や専門店が運営しているECサイトを利用すると良いです。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか?
旅行重視でなるべくコンパクトに納めたいのであれば、高級コンデジ。
作品重視で最高の一枚を残したいのであれば、ミラーレス一眼。
この2つのカメラは、これから新しいカメラユーザーの心をキャッチすることは間違いありません。
2019年はオリンピック前年と言われる年で、多くのカメラが多く売り出す傾向が強いです。
もしかしたら、欲しいカメラが中古市場に出回ることもあるらしいので、よくネットやカメラ専門店で探してみるのも、カメラの趣味に於いて、一番ワクワクするところです。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!( *• ̀ω•́ )b

カメラカテゴリの最新記事

Scroll Up