平成最悪の豪雨災害 平成30年7月豪雨から丸1年経過しました。 #真備 #真備町 #真備復興 #がんばろう真備 #西日本豪雨 #西日本豪雨災害 #平成 #1周年

平成最悪の豪雨災害 平成30年7月豪雨から丸1年経過しました。 #真備 #真備町 #真備復興 #がんばろう真備 #西日本豪雨 #西日本豪雨災害 #平成 #1周年

こんばんは。
七夕が過ぎ、本格的な夏本番を迎える、令和元年最初の「夏(なつ)」。
しかし、令和最初の本州の梅雨入りが遅れに遅れ、令和最初の豪雨被害に伴う死者が九州地方南部の鹿児島・熊本で起きました。
令和元年の豪雨災害で尊い命が奪われたことは、編集長の私、大変心が苦しみます。
ご冥福をお祈り申し上げます。

 

さて、今回は短めですけども、平成最悪の豪雨災害と言われた「平成30年7月豪雨」で実際に被災地での復旧活動や現在も真備へ行っている、一個人の生の声を世界に発したいと存じます。

 

この記事を通じて、一人でも多くがこの自然災害を風化せず、次の世代になってもこの記録・記憶を心の中でも、頭の中でも忘れないでほしいです。

豪雨災害が起きたのが平成最後の七夕の前日。

平成30年7月豪雨は、2018年7月5日から7月7日にかけ、西日本を中心に記録的な大雨となった水害です。
当時の編集長の私は、まだこの様な大災害を直接大きな被害を受けたことがなく、災害未経験者の一人だったでもあります。

しかし、岡山県は災害が事前に起こると言われても、自主的に避難所へ向かう方々が少なく、自宅での避難を優先的に行う方々が大勢いるほど、そこまでの災害意識がとても少ない都道府県の一つであり、このような災害意識の低さを今回の大災害で公に出してしまいました。
今回の大水害の被災地である、倉敷市真備町では犠牲者が60名以上の尊い命が失い、今なお公費解体や住宅再建が進んでいるところもあるぐらい、まだまだ元の生活に戻るには、先が遠くなるぐらい、時間がかかります。
それでも、真備に住まれている方々は、皆、明るい気持ちで前へ前へと進んでます。
そんな真備に住まれている方々、真備から他の土地へ移住を容疑なくされる旧町民もたくさんいらっしゃいます。
ただ、時間と共に真備の水害や故郷・真備の今を知るには、なかなか苦労してしまいます。

そんなことをしてしまったら、故郷を思う心が失ってしまう。

それを上手く回避したい、もう一度真備町へ住んでもらいたい。
元の生活に戻って来ている、真備の今を伝えていきたい。

そんな思いを胸に、随時、拙サイトより、真備エリアの地域情報発信を継続しております。

ネガティブよりも、前向きに。

真備の水害を詳しく話そうとしたら、どうしてもですが、素直に感情が暗くなる傾向がどうしてもあります。
特に被災者はそういった感情になりやすく、災害復旧ボランティアの最初の段階に入ったボランティア参加者も被災者と同じ感情になる傾向が起きやすくなっています。
でも、このことを伝承することも極めて大事なことですが、「〇〇地区で〇〇のお店が再開したよ!」や「昨年ができなかったけども、お米や麦、竹の子ができたよ!と小さいできごとですが、嬉しいニュースも新聞や新聞社から発信されるニュースサイトから情報を得て嬉しい感情になることここ最近の心の変化で変わりつつあることも事実です。

丸1年に経った、令和最初の七夕。 真備支所で追悼を込めたキャンドルナイトイベントが開催

真備の大水害から丸1年になった、令和最初の七夕の夜。
倉敷市役所真備支所で災害の追悼を込めたキャンドルナイトイベントが開催されました。
下記のリンクには、キャンドルナイトイベントの模様が紹介されており、倉敷市在住のライターで隣地域から真備へ嫁いだライターまつこさんによる2019年3月開催のキャンドルナイトイベントの様子を執筆されています。
よかったらそれも合わせてご覧ください。

 

※拙サイトでは、あくまでも拙サイト目線でお伝えしているため、リンク先の内容とは異なることをお伝えしていることがあります。あくまでも参考なので、予めご了承ください。

グルメブロガー・くらとこライター まつこさん(@matsuko555_n)によるくらとこ(@kuratocoWeb)の記事

↓↓↓

まつこさん本人による、ブログ記事

↓↓↓

キャンドルナイトイベントと同時開催された、岡山天文博物館・国立天文台ハワイ観測所岡山分室(旧国立天文台岡山天体物理観測所)・京都大学岡山天文台の有志による、超小型天体望遠鏡による天体観測も実施。

実は倉敷市真備町には「倉敷市真備天体観測施設(以下、たけのこ天文台)」があるぐらい、星が綺麗に見える町でもあります。
今回のキャンドルナイトイベントのすぐとなりには、倉敷市の隣町。浅口市にある国立天文台ハワイ観測所岡山分室(旧国立天文台岡山天体物理観測所)や岡山天文博物館、京都大学岡山天文台(京都大学3.8m新技術望遠鏡)の有志による超小型天体望遠鏡による天体観測が行われ、三日月の観測や今の時期に見られる木星・土星の観測も行われ、キャンドルナイトイベントに参加された方々も超小型天体望遠鏡からちょっとした星ロマンを感じつつ、ワクワクしながら天体望遠鏡から見る惑星・衛星を覗いていました。

最後に

平成30年7月豪雨は、計り知れないほどの大水害。
この災害をきっかけに、より地元を長く守り続けるための知恵や災害から身を守る準備、被災してなくても、自分の意志で災害復旧ボランティアに携わる心を常に必要だと、大きく学びを得ました。
しかし、自然災害はいつどこでなにが起きるのか。
本当によく分かりません。
ただ、災害が起きても起きなくても、お互い助け合い、地域を取り戻したり、再び賑やかを取り戻す活動に是非参画してみることを強くお勧め致します。
一度も参加したことがないよりも、人生に一度、このようなボランティア活動に参加するだけでも十分価値があり、人生経験にもなります。
ただ、このような災害復旧ボランティアは常に危険と体調との戦いです。
この時に非常に役に立つのが「ボランティア保険」という原則住民票があるところでしか、保険加入できないものが、災害復旧ボランティアへ行く前や災害が起きる以前からボランティア保険の加入を拙サイトは推奨します。
これがなければ、全て個人での負担になりかねないので、必ず加入をしておくとあとが楽です。

最後になりましたが、平成30年7月豪雨で尊い命や家屋の倒壊や流失で大事なものを失ってしまった悲しみ。
ボランティアを通じて、失った失望感を痛感致しました。
編集長の私も今回のボランティアを通じて、深く学ぶところが大量にあり、災害の被災地での現場作業の経験、拠点運営、維持管理などの災害ボランティア組織を運営する上で必要なタスクをやった現象は、本当に人生の宝です。
今度は、一県民として、これから先の真備の復旧・復興のことを考えながら、一個人としての真備における、元の生活を取り戻す取り組みを継続したいと存じます。

この記事をきっかけで、災害・災害復旧活動・被災地復旧活動・被災地復興活動・防災・ボランティアをやる、一つのきっかけになればと拙サイトはそう考えております。

もしこの記事が気にったら、是非、拡散・シェアしていただければと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!( *• ̀ω•́ )b

記事のシェア、お願いします!

被災地の今カテゴリの最新記事

Scroll Up