iPad 10.2インチ は、本当に買いなのか!?  iPad(第6世代) , iPad Pro 10.5インチを比較してみた! #AppleEvent #Apple #iPad #iPadPro #タブレッド #Appleデバイス

iPad 10.2インチ は、本当に買いなのか!?  iPad(第6世代) , iPad Pro 10.5インチを比較してみた! #AppleEvent #Apple #iPad #iPadPro #タブレッド #Appleデバイス

こんばんは。
前回も引き続き、2019年9月11日 深夜2時から開催された『Apple Special Event 』で公表されたApple デバイスを見ていきます!
Apple Special Eventで最初に公表された、Apple デバイス『iPad 10.2インチ』。
安価でありながら大画面を実現してきましたが、本当に iPaD 10.2インチが買いなのでしょうか?
早速、iPad 10.2インチのスペックから見ていきたいと存じます。

iPad 10.2インチ の詳細スペック

今回のiPad 。 Apple Special Eventで最初に公表された、Appleデバイスです。
気になるスペックは下記の通りです。

※下記のスペックは全てWi-Fiモデルによる詳細スペックです。

 

・カラバリ:シルバー , スペースグレイ , ゴールド
・搭載ストレージ:32GB , 128GB
・サイズ:174.1mm(幅)×250.6mm(高さ)×7.5mm(厚さ)
・重量:483g ( Wi-Fiモデル )
・液晶の大きさ:10.2インチ(Retinaディスプレイ , IPS液晶)
・ディスプレイ解像度:2,160 x 1,620ピクセル , 264ppi
・Smart Connector:あり
・Apple Pencil対応:あり ( ※第1世代に限る)
・搭載チップ:第4世代A10 Fusionチップ
・搭載OS:iPad OS
・カメラ:8MP
・カメラの仕様:ƒ/2.4絞り値 , 5枚構成のレンズ , ハイブリッド赤外線フィルタ , 裏面照射 , Live Photos , オートフォーカス , パノラマ(最大43メガピクセル) , 写真のHDR
, 露出コントロール , バーストモード , タイマーモード , 自動手ぶれ補正 , 人体検出と顔検出 , 写真へのジオタグ添付
・画像撮影フォーマット:JPEG
・動画の仕様:1080p HDビデオ撮影(30fps) , 720p(120fps)スローモーションビデオに対応 , 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ , ビデオの手ぶれ補正 , 人体検出と顔検出 , 3倍ビデオズーム , ビデオへのジオタグ添付
・Face ID:なし
・Touch ID:あり
・端子:Lightning
・Wi-Fi:802.11ac対応(2.4GHz , 5GHz )
・Bluetooth:Bluetooth 4.2

 

Apple オンラインストア 販売価格
・32GB:38,280‬‬円(消費税10%適用の場合) , 37,584‬円(※消費税8%適用の場合)
・128GB:49,280‬円(消費税10%適用の場合) , 48,384‬‬円(※消費税8%適用の場合)

 

※2019年9月30日までの消費税

 

現行のiPadシリーズの中で最も廉価グレードに相当する、無印iPad。
一番最初に驚いたのは、Apple オンラインストアで販売される、販売価格です。
最もストレージが多い、iPad 10.2インチ 128GB が50,000円以内で収まったことは驚きです。
仮に32GBへ切り替えても、それでも40,000円以内ですから、本当に手が届くiPadとして、最もコストパフォーマンスが最高のAppleデバイスではないでしょうか?
更に今回の無印iPadの進化のポイントが見つかったのですけども、それは次の現行で販売されている、iPadシリーズの比較の中でご説明致します。

iPadシリーズ比較① 液晶サイズ , 搭載チップ

スクショ:Apple.com

さてここからは、Apple オンラインストア内で比較できる、iPadシリーズを比較していきます。
比較するiPadシリーズは下記の通り。

・iPad 10.2インチ
・iPad 9.7インチ
・iPad Pro 10.5インチ

iPad 10.2インチが『iPad 第7世代』。 iPad 9.7インチが『iPad 第6世代』となりますのでご注意ください。

まず、iPadを使う上で最も重要な『液晶サイズ』ですが、iPad 10.2インチとiPad Pro 10.5インチと比べ、ほんの少しだけ、iPad Pro 10.5インチが優位です。
ただ、ここでiPad Pro 10.5インチ , iPad 10.2 インチと全く違うところがあります。
搭載チップです。
iPad 10.2インチには『第4世代A10 Fusionチップ』を。
iPad Pro 10.5インチには『A10X Fusionチップ』が搭載されています。
しかしながら、コプロセッサが『M10コプロセッサ』と全く一緒のものが違っていますが、動画編集 , 画像編集での高度な編集能力に差が生まれているかもしれません。

iPadシリーズ比較② 対応キーボード

実は今回のiPad 10.2インチで、これまでの無印iPadの大きな変化が起きました。
対応キーボード』です。
前モデルである、iPad 9.7インチでは、Bluetooth接続の無線キーボードが対応していました。
しかし、iPad 10.2インチから、Smart KeyboardとBluetoothキーボードに対応することとなり、キーボードを使用するために毎回、Bluetoothの接続の手間が減り、Smart Connectorによる、Smart Keyboardの利用が可能となります。

iPadシリーズ比較③ Apple Pencilの対応 , 非対応

Apple Pencil の登場から、益々、iPadの利用用途が大きく広がったのではないでしょうか?
iPad 10.2インチでは、第1世代 Apple Pencilを使用して、イラストやメモ書きなどを行うことができます。
ただ、第2世代 Apple Pencilが使えないのは仕方がないです。
実際に、第1世代 Apple Pencilと第2世代 Apple Pencil。
それぞれのペアリング , 長さ , 重さ , 価格もバラバラ。
逆に、iPad 10.2インチが第2世代 Apple Pencilに対応するとなれば、もっとコスパ最強モデルになっていたかもしれません。

iPadシリーズ比較④ 重量

最後に重量です。
iPad 10.2インチ , iPad 9.7インチ , iPad Pro 10.5インチのそれぞれの重量は、こちら。

・iPad 10.2インチ:483g
・iPad 9.7インチ:469g
・iPad Pro 10.5インチ: 469g

これはまさかの展開です…..。
最新の 無印iPad が最も軽いかと思いきや、まさかのiPad 9.7インチ , iPad Pro 10.5インチが最も軽いことが明らかとなりました。
ただ、無印iPadが重たいからダメというのは、大きな間違いです。
流石に、iPad 9.7インチ , iPad Pro 10.5インチが軽いことは仕方がないですけども、軽けば軽いほど、iPad 本体が曲がってしまうリスクがあるからです。
このことについては、KazuChannelのKazuさんの動画でよく分かります。

最終的にどれがベストバイなのか….?

比較最後は、どのiPadがベストバイなのでしょうか?
拙サイトの見解としては、iPad 10.2インチです。
重量については仕方がないものの、安価でありながらSmart Connectorによる、Smart Keyboardが利用可能という最大のメリットに惹かれてしまいました。
ただ、軽さ・搭載チップをとるのであれば、iPad Pro 10.5インチもベストバイに入ります。

最後に

今回の無印iPad。まさかの重量さと搭載チップでiPad Pro 10.5インチに負けてしまうところがあったものの、安価でSmart Connector搭載は大きなメリットであります。
Apple の新サービスである『Apple TV+』とiPad 10.2インチの相性がとても理にかなうことではないでしょうか?

次回は、Apple Watchの比較で、Apple Special Event で公表された、Appleデバイスの最後の比較となります。お楽しみ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!( *• ̀ω•́ )b

記事のシェア、お願いします!

Appleカテゴリの最新記事

Scroll Up