Pocketの代替アプリ『instapaper』で効率よく情報収集しよう #iPhone #web #pocket #instapaper

Pocketの代替アプリ『instapaper』で効率よく情報収集しよう  #iPhone #web #pocket #instapaper

こんばんは。
Webサイトやブログサイト、アフィリエイトサイトでは365日24時間、随時新しい情報がアップデートされています。
しかし、これらの情報を作り上げているのは、これらのサイトを運営・管理・維持・マネタイズを行う、運営元が存在します。
編集長の私はそんな『運営元』の立ち位置で常に新しい情報がリークされては、編集長の私なりに情報をよみほぐし、ざおログで常に読者目線の情報を発信し続けております。


そんな時の相棒として重宝さえているのは、『Pocket(ポケット)』というオフラインでもオンライン上の記事をいつでもどこでも、電波がない環境でも記事を読むことができる『インターネット記事のリーディングリストを管理するための無料アプリ及びWebサービス』です。


しかし、このサービスには弱点があり、個性的で気にっていますが、長く使い続けると味気なくなり、Pocketに代わる『代替アプリ Webサービス』を探していたら、『instapaper(インスタペーパー)というPocketと変わりがなく、もっと効率的に情報収集することができることを知り、つい最近、そちらへ移行しましたので、今回は『instapaper(インスタペーパー)』をご紹介しようと存じます。

Pocketの代替アプリ Webサービス『instapaper(インスタペーパー)』

今回、ご紹介するインターネット記事のリーディングリストを管理するための無料アプリ及びWebサービス『instapaper(インスタペーパー)』は、2008年に創業。2013年に米Betaworksに買収され、2016年に米Pinterestの傘下に入り、完全無償化されました。

使い方は、Pocketと一緒。

基本的な使い方はPocketと全く変化がありません。
いつも通りに記事を保存すればいいことです。
使い方については、下記の動画にてご紹介されています。

Pocketからinstapaperに完全移行した理由『フォルダー機能』

Pocketからinstapaperに完全移行した理由、それは情報を整理する『フォルダー機能』が有能だからです。
Pocketは保存する前にタグ付けしてからではないと、分類できない仕様になっていますが、instapaperは保存したあとでも何とかなります。
このようなゆるゆるさが魅力で使いやすく、そこまで動作が重たいということがなかったので、instapaperへ完全移行。今ではPocketを全く使うことすらありません。

マルチプラットフォームだから、デバイスに惑わせることなく利用できる

instapaperの何よりの魅力は『マルチプラットフォームだから、デバイスに惑わせることなく利用できる』からです。
編集長の私が主に使っているデバイスは、iOSのiPhoneやiPadですが、インターネットブラウザーがあれば、Webからでもアクセス可能です。
まだ調査していませんが、どうやらAndroidデバイスも対応しているらしく、macOSでは専用アプリもあるみたいです。
ここまで隅々まで利用できることは、大変ありがたいことですよね。

最後に

今回は『instapaper(インスタペーパー)』についてご紹介致しましたが、このようなサービスが完全無償で使えるという有難さはとても大きいです。
今後、このサービスを相棒にし、どんどん情報発信をしていきたいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!( *• ̀ω•́ )b

記事のシェア、お願いします!

ITカテゴリの最新記事

Scroll Up