DJI OSMO Pocketのここが気になる! ~ざおログが気になったところ~

DJI OSMO Pocketのここが気になる! ~ざおログが気になったところ~

こんばんは。 12月15日、DJIから世界最小の小型3軸ジンバル搭載のカメラ『DJI OSMO Pocket』が発売開始されました。
編集長の私は、このカメラが発表された際、本当に散財したくなるぐらい面白いカメラであり、ライバル企業であるGoPro を対抗するカメラとして、ドンドン成長していく方針で掲げていることがプレスリリースで読み解くことができ、まだ実機に触ったことがないですけども、散財予定でいます。

今回はDJI OSMO Pocketのここが気になる! と題し、編集長の私がどうしても気になっているところを掘り下げて行こうかと存じます。

 



 

小さくてものが無くす心配があるかどうか。

DJI OSMO Pocketは、小さいながら、非常にコンパクトで持ち運べるカメラ付き電動三軸ジンバルとして発売されました。
YouTubeでは多くの配信者がDJI OSMO Pocketの発売日に合わせて、一斉に公開されています。
北陸在住の著名YouTuberで元WebデザイナーのKazuさんのYouTube ChannelでもこのDJI OSMO Pocketについての開封レビューをアップしています。

 

映像で見る限り、本当に小さいのが第一印象です。
しかし、こんなに小さいのであれば、なくしてしまうのではないでしょうか。
ライバル機である、GoPro HERO 7 Blackは小さいけども、カメラ自体がそこまで小さくないため、物を探す手間がかからないような気がします。
ただ、DJI OSMO Pocketの場合、専用ケースから取り出すことになっているため、もしかしたら、なくす可能性が少なからずありそうです。
対策としてはいくつかありそうですけども、もし私でしたら、市販のポーチにケーブルなどのガジェッド類を収納しているので、そこに入れおくかもしれません。

 

 

 

色味とブレは?

Kazuさんの動画や他の方々の動画を拝見したところ、正直、色味はライバル機であるGoPro HERO 7 Blackとそこまで大した変化なく、手ブレを見る限り、全体で100と数えると75。
完全に手ブレがないとは言い切れないのが確かですけども、各社発売されている、スマホ用電動三軸ジンバルとはあまり変化がないような気がします。

 



 

アクセサリーの豊富さは?

DJI公式オンラインショップで各種アクセサリーが販売されていますが、正直、まだバージョンアップの必要がありそうです。
特に気になったアクセサリーとしてはDJI OSMO Pocket専用『アクセサリーマウント』。
よく見れば、ライバル機であるGoProを色んなところに取り付けるマウントと同じものを採用しています。
価格は税込み2500円と少々お高め。
しかし、外で撮影したりするのが多いのであれば、本体と一緒に買うのが良いでしょう。

 



 

総合評価だと、DJI OSMO Pocketが有利?

DJI OSMO Pocketの総合評価を見ても、純粋にとてもいいです。
しかし、DJI OSMO Pocketには、ストリーミング放送(生放送)機能が備わっていないので、小型で手ブレを抑えてくれるハンディカム , アクションカムとして活躍してくれそうです。
編集長の私としての4段階の評価としては、星4(☆☆☆☆)とさせて頂きます。
小型で4K60fpsでの高解像度で撮影できるのは魅力的ですし、44980円とそこまで高くないのも、評価の一つです。

 

 

 

まとめ

DJI OSMO Pocketは、もしかしたら、最強の旅のお供として活躍してくれるのではないでしょうか?
以前Kazuさんが紹介していたカメラ付き小型電動三軸ジンバルがあるので、それも狙い目かもしれません。
もしかしたら、まだ販売しているかもしれませんので、もう少し比較して、拙サイトでご報告できたらと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!( *• ̀ω•́ )b

記事のシェア、お願いします!

カメラカテゴリの最新記事

Scroll Up