Canon EOS Rを遅めながらのTouch&Try

Canon EOS Rを遅めながらのTouch&Try

こんばんは。
2018年10月、Canonから新たなミラーレス一眼『Canon EOS R』が発売されました。
発売自体は知っていたものの、なかなか実機を体験する機会がありませんでした。
すると昨日の帰り道に立ち寄った家電量販店でEOS Rの実機が見つかり、Touch&Try。
今回は初めて『Canon EOS R』のTouch&Tryのレポートをお伝えします。

 

 

フルサイズ機としては初めての『ミラーレス一眼』

2018年10月25日に発売され、既にネットで撮影した画像が多くアップされています。
写真で見る限り、ズームした後に見る画像のくっきりはっきりが現行で売られているCanonのEOSシリーズとは違う印象を受けました。
実機を触ってまず、純粋に思った第一印象があります。
それは『他社ブラウンドのミラーレス一眼をインスピレーションし、Canonオリジナルに仕上げたミラーレス一眼だ。』
既にミラーレス一眼市場で大きくリードしているPanasonic , OLYMPUS , SONY , FUJIFILMを意識してしたのか、とてもユーザーライクなデザインを強調しています。
よく見る限りでは、Canonの伝統的なデザインにしているかと思いきや、競合他社の製品をしっかり研究し、いいところをインスパイヤし、よりCanonユーザーがミラーレス一眼に変わっても最高な一枚を撮れるように貢献していると、Canonに対する好印象を受けました。

 



 

機能面から見る『Canon EOS R』

フルサイズ機でダイヤル付近に小さなディスプレイを配置しているのは、ミラーレス一眼で変わった機構を採用するFUJIFILM X-H1を連想させるディスプレイが第一印象です。
ただ、ディスプレイがあることにより、デジタル一眼を愛用しているEOSユーザーがシームレスに移行できるように配慮しているなと感じました。
AFはSONY αシリーズと比べると、正直、遅いなと感じたので、そこら辺は今後のアップデートに期待したいなと思います。
動画性能については、実際に実機で検証していないので何とも言えないものの、恐らくEOSシリーズをYouTube用カメラとして使っているユーザーとしては嬉しい機能がしっかり入っている印象です。
ただし、気軽に使うには少し抵抗があることを先に言っておきます。

 

 

 

EOS Rから見る今後のCanonのミラーレス一眼

APS-C , フルサイズ機をようやく揃えてきたCanon EOSシリーズ。
フルサイズ機の開発は相当困難だったと、ネットのリーク情報やカメラ系のWebメディアから拝見していました。
フルサイズ機の最初の一台としては、幸先良いスタートを出せたと思いきや、大きくシェアを獲得するには、更なるミラーレス一眼の開発が急務かと思います。
今後、Panasonicがフルサイズ機の導入が報道され、Nikonから一から開発したミラーレス一眼『Nikon Z7』がまもなく発売されるとの噂を聞いています。
より個性が溢れて、想像豊かなミラーレス一眼が登場することを期待したいなと思っているけども、まだまだ改善の余地があるのが見え隠れしているので、次期フルサイズ機の登場にワクワクしたいなと感じました。

 



 

最後に

今週土日にCanonのデジタル一眼レフカメラに関してのイベントでCanonの社員が家電量販店の特設コーナーで直接話を聞ける機会があるとの情報をキャッチしたので、実機を触って、Canonの社員をより深くCanon機の魅力を探り、純粋に感じたことをレポートしていきたいなと思います。

 

 

まとめ

フルサイズ機を販売している国内のカメラメーカーがようやく出揃う体制である国内のカメラメーカー。
中古ミラーレス一眼カメラ市場も、庶民の手が届きそうなコスパ最強フルサイズ機が販売されていますし、『ミラーレス一眼』に変わったカメラも存在しているそうです。
私がまだ見たことがない『ミラーレス一眼の世界』が広がっている。
今後、ミラーレス一眼から初めてカメラをやり始める方々も増加傾向にあるみたいなので、拙サイトでも最新のミラーレス一眼から変ったミラーレス一眼に関することをドンドンお伝えできたらと存じます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!( *• ̀ω•́ )b

 



Canonカテゴリの最新記事

Scroll Up